自動車事故 交通事故 自賠責保険

自賠責保険の補償

自賠責保険の補償

仮渡金・内払金制度
賠償金は加害者側が申請して被害者に支払うのが基本的な流れですが、示談が進まずなかなか被害者に補償が支払われない場合もあります。
そのようなときは被害者が請求を出し、仮渡金という形で被害者が補償を受け取ることもができます。

 

補償の支払金額

死亡事故の場合・・・・・・被害者1名につき最高3000万円
傷害事故の場合・・・・・・被害者1名につき最高120万円
(治療、入院等)
後遺症が残る事故
常時介護を要する場合(第一級)・・・被害者1名につき最高4000万円
随時介護を要する場合(第二級)・・・被害者1名につき最高3000万円
その他後遺症害(第一級〜第十四級)・3000万円〜75万円

 

 

治療費など積極損害・・・治療に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。

●看護料
 入院介護の場合・・・・・4100円(1日)
 幼児・歩行困難の通院付添・・2050円(1日)
●入院中の雑費・・・・・・・・1100円(1日)
●通院中の交通費・・・・・・・・・通院に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。
●休業損害・・・・・・・・・・5700円(1日)最高19000円
●慰謝料・・・・・・・・・・・4200円(1日)

 

慰謝料の計算方法は、(実通院日数×2、治療期間)のどちらかの期間が短いほうに1日(4200円)をかけます。

治療期間15日、通院7日の場合
治療期間15<通院期間14なので
14×4200円=58800円が慰謝料となります。