自動車事故 交通事故 損害賠償

損害賠償

交通事故を起こした加害者には刑事上・行政上・民事上の責任を負う義務があり、被害者に対して損害賠償をしなくてはいけません。そして損害賠償義務者には事故を起こした運転者だけでなく、車の使用車や保有者に対しても義務を負わせられます。

 

損害賠償の種類

死亡事故の場合は財産的損害と精神的損害が対象です。
傷害事故に場合は財産的損害と精神的損害に合わせて、更に後遺症が有る場合に財産的損害と精神的損害が対象になります。
物損事故の場合は財産的損害が対象です。

 

死亡事故の場合

財産的損害
@死亡するまでの治療やその他の損害
救助捜査費・治療費・入院費・被害者の休業損害
A埋葬費
B逸失利益(被害者が生きていたら得られたはずの収入)
精神的損害
@慰謝料(被害者とその遺族に対する慰謝料)

 

傷害事故の場合

後遺症が無い場合
@財産的損害
治療費・介護付添費用・通院交通費・雑費・休業損害
A精神的損害
入院、通院に対する慰謝料
後遺症が有る場合
@財産的損害
治療費・介護付添費用・通院交通費・雑費・休業損害・後遺症による逸失利益(身体が健康であった場合得られたはずの収入)
A精神的損害
入院、通院に対する慰謝料

 

物損事故の場合

車の破損
@全損
物理的損害(元の状態に復元するすることが出来ない場合)
経済的損害(修理費用が時価額を上回る場合)復元後の車の査定額より修理費用が大きい場合は修理する価値が無いとして全損扱いとします。
A修理で復元可能
実修理費が損害として扱われます。
B代車費用
修理期間中の代車料金損害として扱われます。
C休車損害
営業者の場合、修理中は休業扱いとなり、損害として扱われます。
D格落ち
事故車として価値が落ちることから、修理費の30%程度が評価損として扱われます。

 

店などの営業家屋の破損
事故後の後かたずけ、店の修理費、修理中の営業停止期間が営業損として扱われます。