自動車事故 交通事故 罰金 保険会社

自動車保険とは

自動車保険は大きく2つがあり、1つは自賠責保険(強制保険)ともう1つは任意保険です。

 

自賠責保険

自賠責保険は自動車損害賠償保障法で車を車やバイクなど購入するときに加入が義務づけられているので車を持っている人は必ず加入しています。

 

通常、交通事故が発生したら、被害者は加害者に対して損害賠償や慰謝料を請求するわけですが、加害者側が支払う意思がなかったり支払う能力が無い場合に被害者の救済を最低限保障するための保険です。

 

この自賠責保険の適用は人身事故などの対人賠償のみとなっており、対物などの物損事故には適用になりません。
また、賠償金は傷害事故では最大で120万円、死亡事故では最大で3000万円までとなります。

 

死亡事故で3000万円って少なくありませんか?
現在の慰謝料として死亡者が一家の主の場合、4200万円〜6000万円だそうです。

 

その他に葬儀費用や入院費などを合わせると少なくとも8000万円以上は必要になりそうです。
また相手の年収でも変わるので億を超えるかもしれません。

 

自分にお金があればいいですが、ほとんどの人は億の金額はないのでやはり保険に頼るしかないのです。
私の場合は必ず任意保険にも加入して、家族にも加入させてます。

 

任意保険は保険に加入するのは任意です。
これは入っていない人もいます。
加入する金額が高いという理由で入っていない人もいますが、人身事故や大きな物損事故などでは高額な請求がくる恐れがあるので保険という意味でも入っておいて方が安心です。

 

任意保険

任意保険は人身事故などで自賠責保険の限度額を超えた場合、契約の内容に応じて支払われます。

 

例えば死亡事故で損害額が5000万の場合、自賠責保険から3000万円支払われるとすると残りの2000万円が任意保険の契約内容に適用されていれば支払われることになります。

 

また、物損事故や車両事故(自損事故)も任意保険に頼らなければなりません。
例えば駐車場で他の車にぶつけてしまった時などに自分の車と相手の車の修理費用に適用されます。

 

任意保険とは自賠責保険のように法律で加入が義務化されていません。
なのですべての車の持ち主が必ず加入しているとは限りません。