自転車 法律 違反 ルール 改正

自転車のルールが改正

平成27年6月1日より自転車に関する道路交通法が改正されました。
14歳以上の運転者が3年以内に2回以上違反で違反切符を切られたり、交通事故を起こした場合、各都道府県の公安委員会から自転車運転者講習の通知が来る。

 

14項目の悪質運転危険行為

・信号無視
・通行禁止違反
・歩行者専用道での徐行違反など
・通行区分違反
・路側帯の歩行者妨害
・遮断機が下りた踏切への立ち入り
・交差点での優先道路通行車の妨害など
・交差点での右折車優先妨害など
・環状交差点での安全進行義務違反など
・一時停止違反
・歩道での歩行者妨害
・ブレーキのない自転車運転
・酒酔い運転
・携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなどの安全運転義務違反

 

自転車運転者講習は3時間、手数料5700円
講習を受講しない者は5万円以下の罰金

 

という法改正なのですが、まだ気をつけなければいけないことがあります。
上記の違反に適用した場合、3年以内は気をつけれていれば何も罰は受けなくても良いのか?

 

そうではありません。

 

【例】
●初回
平成27年7月
信号無視違反で違反(3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が課せられる)
(平成27年6月1日以前からの法律)

 

●2回目
平成28年7月
通行区分違反(3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が課せられる)
(平成27年6月1日以前からの法律)

 

更に3年以内に2回違反を繰り返しているので
3時間の講習の受講義務(手数料5700円)が合わせて課せられる
受講しなかった場合(5万円以下の罰金)
(平成27年6月1日以降からの法律)

この例では、罰金と手数料で10万5700円支払うことになります。
講習を受けなかった場合は最高で15万円の罰金になります。

 

これが今回の法改訂の落とし穴とも言える重要な点です。

 

結局、犯した違反は違反として処罰され、更に3年以内に違反すると今回の法改訂に基づき講習を受けなくてはいけないという厳しい法律に変わったということです。

 

勘違いされている人も多いようなので、軽く考えず自転車に乗るときは法律を守り、安全運転で走行しましょう。