自動車事故 交通事故 自賠責保険

自賠責保険のメリット・デメリット

自賠責保険のメリット

車を購入する際に強制的に加入させられるため、未加入ということがありませんので保険適用範囲であれば必ず支払われます。

 

原則、加害者側が保険の請求をするものですが、示談などがまとまらない場合でも、被害者が請求すれば仮渡金または内払い金として支払われるので、泣き寝入りということがありません。

 

自賠責保険のデメリット

・被害者に対して最低限の補償するものなので、支払われる額も一定です。
最大で120万円、死亡事故では最大で3000万円までとなり実際に治療や入院にかかる費用より少ない。
・無責事故の場合は保険金が支払われない

 

保険金が支払われないケースがある

無責事故といい被害者が道路法を違反して起こしてしまった事故で対して自賠責保険の適用外になる場合があり、保険金が支払われないケースがあります。
例えば
・被害者が対向車線をはみ出して対向車と事故を起こした場合(交通ルール違反)
・交差点内で被害者が信号無視して事故を起こした場合(交通ルール違反)
・脇見運転や居眠り運転などで被害者が追突した場合、その被害者には支払われません。

 

車同士の交通事故なら、片方がまったく過失がないということは、ほとんど存在しません。
他のことを考えていて脇見運転や一時不停止、急いでいたので信号を黄色で通り抜けた、スピードを出しすぎていたなど、必ず事故を起こす直前には本来の安全ルールから脱している場合が多く無責事故として扱われ保険金が支払われないことがあります。